獣人カレシの独占欲のあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「獣人カレシの独占欲」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

人間と半獣が存在する世界。書店員の柊は、希少種でもある黒豹の獣人 宗士と恋人同士だ。

子供のころ黒猫だと思って可愛がっていたのだが、まさか獣人のクロヒョウが下町にウロウロしているとは思っていなかった。それが宗士との出会いだった。

テレビではパリコレを果たしたモデルでもある宗士が帰国しているというニュースが流れる。

「今度はいつ海外に行くんだ?」
「海外でのモデルはもうしない。柊の傍を離れるのは想像以上に辛かったから・・・」
「情けないこと言うなよ」

そして、二人は唇を重ね合う。

ある日、柊が書店員をしていると、キラキラした美形の男子が声をかけてきた。雑誌のバックナンバーを探しているようだ。

柊で美形は見慣れているはずだったが、それでもドキドキしてしまうほどだ。すると、スーと柊の方へ近づき鼻を嗅ぎ始めた。

「君、猫の匂いがするね。イヌになれば分かるかな・・・」

そう言うと、彼はイヌ科の獣人へと変身した。そして、柊を引き寄せまた匂いを嗅ぎ始める。くんくん・・・

毛がさらさらだ・・・柊はツルツルしてるけど、俺はあいつの方が・・・

「わかった。ネコ科の獣人が恋人なんでしょう。それ、マーキングですよね。」

ほほを赤らめる柊だった・・・

獣人カレシの独占欲のネタバレ感想

何とも不思議な世界観。柊とクロヒョウの宗士、そして、イヌ科の謎の男性の三角関係・・・と言った感じで展開して行くのでしょうか!?・・・この続きは下記リンクから!

サイト内で「獣人カレシの独占欲」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

能面女子の花子さんのあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「能面女子の花子さん」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

新入生代表で挨拶をする泉花子。何と彼女は、能面を付けているではないか!生徒のみんなもきょとーん。でも、本人は至って真面目。

花子の仮面の謎に興味津々なクラスメイトたち。始めは浮いていた花子だったが、次第に彼女のペースにクラスが引き込まれていく!

素顔は美人なのかブスなのか?能面を付けたままどうやって昼食を食べるのか?そして、なぞの能面鬼ごっことは!?

能面女子の花子さんのネタバレ感想

まさか・・・とは思っていたけど、まじで能面を付けたままのキャラクターで進んでいくとは。

そして、無駄に絵が上手い。もっと、壮大なストーリーの漫画が描けそうな腕があるんですが、いや、この漫画を馬鹿にするつもりはないのですが・・・なんと言うか、無駄に絵が上手いんですよ。

狙い過ぎでどうなのかな〜って思って読んでみたんだけど、悔しいけどクスッときちゃう。一度、クスッと来たらもう最後まで止まらなくなります。

この先、花子さんの素顔が見ることができるのでしょうか・・・!?

サイト内で「能面女子の花子さん」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

監禁の美聖女のあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「監禁の美聖女」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

山手線車内。女性が突然、後ろから痴漢に合う。拒絶しようとすると

「城木田桃香、おまえに抵抗する権利はない」とサングラスをかけた別の男性が告げる。

桃香は3日前に起こったことを回想する。

留学先のロンドンに1通のメールが送られてきた。内容を読むと「あなたの父、城木田社長が行方不明です。至急帰国されますよう」とのことだ。

帰国を急ぎ空港に着くと、「城木田桃花様」とかかれたプレートを持った男性がいる。社長秘書の二階堂直樹だ。桃花も名前は聞いたことがあった。

父とは相変わらず連絡が取れていないのだと言う。家はもう抵当に入れられていること、会社が倒産したこと、すべてのホテル城木田も人の手に渡っていることを知らされる。

そして、城木田社長は多額の借金を背負ったまま行方知れずになっているのだという。二階堂はその債務整理に追われていて、自身もこの先どうなるのか分からないのだ。

自宅へと連れて行ってもらう桃花。家の前には「立ち入り禁止」のテープが張られていた。ホテル同様、自宅も城木田家のものではなくなっていた。

これからどうすればいいのか不安がる桃花に、「ひょっとしたら社長の行方を知っているかもしれない人がいます」と二階堂は告げた。

「それは誰?」
「今からその方の所へお連れします」

着いた先は、見上げるほどの大きな屋敷。中へ入ると、お手伝いのオギノさんが見つめている。

ここで二階堂は抜けられない仕事があるため立ち去ろうとする。そして、不安がる桃花に一言伝えたのだった。

「くれぐれも、この家の方に失礼のないよう気を付けてくださいね」と…

監禁の美聖女のネタバレ感想

冒頭のエロスからの倒産、父の失踪…なになになに!?が続きます。気になりつつも展開がなんとなく読めたりするところがまた興奮しちゃうんでしょうねぇ。

あと、花小路ゆみさんって画力がすごいですよね。

サイト内で「監禁の美聖女」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

赤異本のあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「赤異本」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

バイクが趣味の僕と友人の堀はあてもなくツーリングに出かける。途中で立ち小便をしていると、ひとけのない山中の峠にポツンとたたずむ奇妙な一軒家を見つけた。廃屋だろうか?

近づいてみると玄関の真ん前ギリギリに木が生えている。わざわざ木が玄関をふさぐ位置になるように家を建てたかのうに見える…

堀は軽いノリで中へ入る。内開きの玄関ドア…変わっている。廃屋の割には綺麗に整えられている。普通、こういった廃屋は誰かに入られて荒らされているものなのに。

部屋に置かれていた鏡を僕の顔に向けて驚かせる堀。いたずらっ子だ。持って帰ってオクに出して売ろうとする堀に僕は「誰かの家なのかもしれないだろ!」と真剣に叱った。

…その時たまたま口にした「誰かの家なのかもしれないだろ!」は当たっていた。

その晩。自宅のアパートに戻りツーリングの荷物を片付けていると、堀のいたずらによってあの鏡が入れられていた。

鏡から黒い靄が出ているように感じられたが、タオルで隠して寝ることにした。しかしその晩、畳を這いずるような音が聞こえてきて…

赤異本のネタバレ感想

この赤異本に描かれている話は全部実話だそうです。ホラーものは夜思い出して寝れなくなるので嫌なんだけど、やめられないんですよね。ついつい読み進めちゃう。

案の定、赤異本を読んだ後も、シャワーしてる時に背後が気になったり、トイレの時にドアの向こうが気になったり…大変でした。

サイト内で「赤異本」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

毒母の呪縛(どくははのじゅばく)のあらすじと結末のネタバレ感想


↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ
サイト内で「毒母の呪縛(どくははのじゅばく)」と検索

昼間から飲んだくれる父からは性的虐待を受け続け、母からはネグレクトされて育った美和子。

あるとき、父から虐待を受けているところを母に目撃される。「きっと分かってくれる!」そう信じていた。

しかし、母は逆上。数日間、学校を休まなければいけないほど美和子を殴り続けたのだった。救いのないまま時は過ぎ、32歳になった美和子。現在は結婚してマンション住まい。

そんな時、虐待を受けていた頃の夢を見る美和子。「嫌な予感がする…」そう思っていた矢先、ピンポーン!とインターホンが鳴る。ドアを開けるとそこに立っていたのは、母だった。

そして、「今日から一緒に住むから」と言い出したのだった…

毒母の呪縛(どくははのじゅばく)の感想

とにかく胸糞悪い話です。実の娘に手を出す父親って、どういう思考回路をしているのか?しかも、仕事もしないでお酒飲んでいるだけ。こんなクズ人間って本当に存在するのかしら?

この母親も同類。子供への性的虐待を知って、その怒りを子供に向ける!?こんな男に嫉妬するかね!?しかも、美和子が結婚してからも生活にズカズカと踏み込んで来るし。

こんな親の下で育てられてたら…って思うと、本当どうすればいいのか分からないです。

こちらで無料の試し読みができますよ
サイト内で「毒母の呪縛(どくははのじゅばく)」と検索

当サイトへようこそ!
ネット通販で買った商品を紹介しています。
更新情報
カテゴリー
Copyright (C) ネット通販衝動買い. All Rights Reserved.